債務整理とは

消費者金融などいくつもの金融機関からの債務である借金がある事を多重債務と呼び、そのような借金を整理する事を債務整理といます。


かつて消費者金融からの借金は、高額な金利によって返済が困難になり、厳しい取り立てのために借金を抱えた債務者が自殺に追い込まれるような現象が起きました。
社会問題化した事から法の改正が行われ、利息制限法では上限金利20%、出資法では29.2パーセントの金利規定が設けられました。


この2つの規定の金利間をグレー金利と呼び、みなし弁済として有効な金利となっていましたが、2010年に貸金業法が改正された事によってみなし弁済は廃止され、貸付できる金額は年収の3分の1までという総量規制が設けられています。
この法の改正前に債務をもっていた場合には、利息制限法の上限金利を超える返済を行っていた可能性が高いため、金融機関の払いすぎた利息である過払い金が発生している事があります。
債務整理は法律に基づいていくつかの方法で進めていくのですが、この過程で過払い金によって債務がなくなり、逆に現金が戻ってくる可能性もあります。


また取り立てについても自宅に債務を取り立てに来るような行為はできない事が定められています。
今では貸す側も借りる側も多くの法的規制のもとに行われ、多重債務を抱えていても債務整理をすれば、生活再建に向けて動く事ができるようになっています。
もし、債務を抱え債務整理がしたい時には、まず司法書士もしくは弁護士に相談する事が必要です。


<管理人特選サイト>
債務を抱え債務整理がしたい時に弁護士に相談出来るサイトです ⇒⇒⇒ 債務整理 相談

Copyright © 2014 借金と債務整理 All Rights Reserved.